いよいよ内覧!どんなところをチェックすれば良い?

収納スペースの広さをチェック

賃貸物件の選別が決まり、いよいよ内覧をするという段階になった場合、一体どのようなところをチェックすれば良いのでしょうか。
まずは、全体的な収納スペースの広さをチェックしましょう。一人暮らしをする場合にも、家族で暮らす場合にも、収納スペースは広いに越したことはありません。ですので、必ずチェックしておいた方が良いでしょう。
例えば、シューズボックスの広さ、洋服などを仕舞うクローゼットの容量、食器棚の広さ、掃除機などの家電類を収納する場所など…さまざまなところを一気にチェックしてしまいましょう。少しでも狭いと感じた場合には、余分な家具を購入することになってしまいますので、再考してみることをおすすめします。

上下左右の音が気にならないか

続いて、内覧をする際のチェックポイントの一つとして、上下左右に暮らす人の生活音が気にならないかどうかということです。
壁の厚さも同時にチェックすることが出来ますので、一石二鳥だと言えるでしょう。壁や床の造りが悪いと、互いの生活音が聞こえてしまいますので、ストレスが溜まってしまいます。騒音トラブルの原因にもなってしまいますので、一度壁を叩いて確かめてみると良いかもしれません。
また、子どもが住んでいる場合には、テレビの音や金切声が聞こえてくる場合がありますので、それに耐えられるかどうかということも重要になってきます。どこまで耐えることが出来るかというのは人それぞれですので、自分の耳で確かめてみると良いでしょう。

© Copyright Home Comforts. All Rights Reserved.